ブログ

BC州の免許停止中の運転

あなたがこの記事を読んでいるということは、警察官に運転中を止められ、免許停止中に運転していると告げられたのかもしれません。 同様の状況に陥った私どものクライアントの多くは、自分が免停になっていることにさえ気づいていませんでした。 なぜこのようなことが起こるのでしょうか。 どのような事が起こるのでしょうか。 またどのように対応をするべきでしょうか。   免許停止中の運転とは? 過去の運転履歴やドラッグやアルコールの影響下での運転、またはSuperintendent of Motor...

協議離婚と非協議離婚

明るい将来の為に時として立ち向かわなければいけないのが離婚です。 カナダでの離婚、というと弁護士がそれぞれについて法廷にいる...というドラマでのシーンを想像されるでしょうか。 実はこのように弁護士と出廷が必要になる離婚のケースは少数派です。 BC州では2つのタイプの離婚があります。それは協議離婚と非協議離婚です。 この二つの違いについて説明します。   BC州での離婚   離婚とは法的に婚姻をした二人が法的に婚姻を終える事を指します。...

スペクトアンドプライヤー日本語ブログ移動のお知らせ

10年以上に渡り細々と続けてきた結婚や離婚などに関するBC州の法律やその他よくある質問について綴ってきた弊社のブログですが、ウェブサイトのアップデートに伴って今回よりこちらへ移動することとなりました。 過去のブログはこちらです。 http://spechtandpryer.blogspot.com/ 初めてから月日が経っていますので古い情報も沢山掲載されていますが、今まで10年間担当してくれたそれぞれの方の思いのこもったブログですので移動になるのは感慨深いものがあります。...
BC州の免許停止中の運転

BC州の免許停止中の運転

あなたがこの記事を読んでいるということは、警察官に運転中を止められ、免許停止中に運転していると告げられたのかもしれません。

同様の状況に陥った私どものクライアントの多くは、自分が免停になっていることにさえ気づいていませんでした。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。 どのような事が起こるのでしょうか。 またどのように対応をするべきでしょうか。

 

免許停止中の運転とは?

過去の運転履歴やドラッグやアルコールの影響下での運転、またはSuperintendent of Motor Vehiclesによって決定されたその他の理由により免許停止が決定されます。

免許停止は、免許の一時停止、罰金、または刑事上の有罪判決を伴う場合があります。

免許停止期間中に運転すると、刑事告発される可能性があり、初犯の場合、最低 500 ドルの罰金、12 か月の運転禁止、場合によっては刑務所へ収容されます。

二度目の違反の場合には刑務所へ収容は避けられません。

 

免許停止がされているかどうかはどのようにわかりますか?

自分が免許停止中である事を気づいている人もいますが、一方で気づいていない人も多くいます。 なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

警察官が免許証を没収し、その場で運転禁止処分を下した場合には、自分が運転ができない状況であることは明確です。

ただしSuperintendent of Motor Vehiclesが免許停止を発行した場合にはadministrative driving prohibitionというものが送達されます。

Administrative driving prohibitionとは、運転禁止の内容を記載した書類です。

これは郵便で自宅に送られてきます。残念ながらこの郵便物が広告の類と間違われたり、輸送中に紛失してしまうしてしまう事が多々あります。

 

免許停止中に運転した場合何が起こりますか?

  • 刑事告発をされ、有罪判決を受ける可能性があります。
  • 有罪判決を受けた場合には犯罪歴が残ります。 カナダ市民でない場合、ビザや永住権の申請や更新が難しくなり、 カナダから強制送還される可能性があります。
  • 初犯の場合には最低 500 ドルの罰金、12 か月の運転禁止、場合によっては刑務所へ収容されます。
  • 二度目の違反の場合には刑務所へ収容は避けられません。

 

スペクトアンドプライヤーからのアドバイス

弁護士から免許停止中の運転に関連する 5 つのアドバイスです。

1. 警察に運転中に止められた場合は、反抗的な態度をとらないようにして下さい。 氏名、住所等の基本的な情報を警察にきちん伝えてください。 ただし運転に関する情報を警察へ伝える前に弊社へ連絡をして下さい。

2. ハーフレターサイズの書類を受け取った場合、刑事告発された可能性が高いです。 ただしまだ有罪判決は下されていません。

3. 免許停止中の運転で警察官に止められた場合は、帰宅後に以前にAdministrative driving prohibitionをが届いていなかったか郵便受けを確認してください。

4. 免許停止中は、絶対に運転をしないでください。

5. 免許停止中の運転で起訴された場合は、弊社へご連絡ください。 あなたが今後何をする必要があるかをお伝えし、有罪判決や刑務所へ収容を回避できるように努めます。 またこの期間は運転をしないでください。

 

免許停止中であるものの、運転する必要があります。どうしたらよいでしょうか。

子供を学校に通わせたり、仕事に車を使わせたりする必要があるかもしれませんが、 免許停止中に車を運転すると、深刻な結果が生じます。

免許停止処分に異議を唱え、弁護するのを助けることができるかもしれません。

 

BC 州で免許停止中の運転をした場合は、弊社の弁護士にご相談ください。

 

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors
https://spechtandpryer.com/
Suite 1150 – 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118

 

 

 

 

 

 

 

 

協議離婚と非協議離婚

協議離婚と非協議離婚

明るい将来の為に時として立ち向かわなければいけないのが離婚です。

カナダでの離婚、というと弁護士がそれぞれについて法廷にいる…というドラマでのシーンを想像されるでしょうか。

実はこのように弁護士と出廷が必要になる離婚のケースは少数派です。

BC州では2つのタイプの離婚があります。それは協議離婚と非協議離婚です。 この二つの違いについて説明します。

 

BC州での離婚

 

離婚とは法的に婚姻をした二人が法的に婚姻を終える事を指します。

離婚はBC州の最高裁判所が許可を出し、再婚をするためには離婚が成立している必要があります。

離婚時の財産分与や元配偶者への扶養の決定は義務ではありませんが、

お子様がいる場合には養育のスケジュールや養育費などの取り決めは必須です。

もし二人の間に子どもがおらず、資産を分ける予定もなく、互いにサポート費用を支払うつもりがないのであれば、経済的な責任なしに離婚手続きを開始する事ができます。

弁護士は二人の間の取り決めや養育のスケジュール、資産の分配についてなどが記され、互いの署名があるセパレーションアグリーメントの作成を推奨しています。

また例外を除き離婚時にはセパレート状態にあって1年以上経過している必要があります。

ただし必ずしも住居を別にする必要はありません。 あなたとあなたの配偶者がともに暮らしているもののルームメイトのような関係であれば、二人はセパレートをしているとみなされます。

 

カナダ国外で結婚をしました。

それでもバンクーバーで離婚ができる?

 

カナダ国外での婚姻でもBC州で離婚を成立させる事ができます。その場合、両者のうち少なくともどちらかが一年以上BC州に居住している必要があります。

もう一方はBCまたはカナダ国外の在住でも問題ありません。

 

協議離婚と非協議離婚

 

お互いが離婚条件に同意し同意し協力的に離婚をするのが協議離婚、

そして逆に離婚条件について二人で条件について合意できない場合が非協議離婚です。

非協議離婚の場合には弁護士を雇い、最高裁判所へ提出するNotice of Family ClaimやResponse to Family Claimに自分の主張を載せ提出します。

一般的に争点となるのは子ども、サポートの費用と資産についてです。 アジアの国では両者が合意していないと離婚そのものが難しいですが、

BC州では離婚そのものを拒否または 無視をする事によって離婚を逃れることはできません。

 

ハッピー離婚こと協議離婚

 

私たちは協議離婚をクライアントの方へ説明する際「ハッピーディボース」という言葉を使います。

文字通り協議離婚はお互いが離婚する事に納得している場合に成立する事が多いからです。

相手が必ずしも協力的出ない場合にでも、一定の条件下で協議離婚を成立させる事も可能です。

スペクトアンドプライヤーの弁護士はクライアントが裁判所へ行かなくても良いように非協議離婚で終わらせられるようにサポートします。

また一般的に協議離婚は弁護士費用が安く抑えられます。

 

争いの非協議離婚

 

一方が提出されたNotice of Family Claimに対してResponseを提出した時点でその離婚は非協議離婚とみなされます。

このタイプの離婚は費用や時間がかかるのはもちろんの事、精神的にも大変疲れるプロセスになります。また出廷しなければならない可能性も出てきます。

二人が条件に合意できない場合には最終的に裁判官が裁判や審問にて条件を決定する事となります。

弊社では日本語で離婚のコンサルテーションを受け付けております。 コンサルテーション費用が発生しますが、通訳の費用は掛かりません。

どうぞ日本語にて ご連絡ください。

 

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors
https://spechtandpryer.com/
Suite 1150 – 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118

 

スペクトアンドプライヤー日本語ブログ移動のお知らせ

10年以上に渡り細々と続けてきた結婚や離婚などに関するBC州の法律やその他よくある質問について綴ってきた弊社のブログですが、ウェブサイトのアップデートに伴って今回よりこちらへ移動することとなりました。

過去のブログはこちらです。
http://spechtandpryer.blogspot.com/

初めてから月日が経っていますので古い情報も沢山掲載されていますが、今まで10年間担当してくれたそれぞれの方の思いのこもったブログですので移動になるのは感慨深いものがあります。
現在でも皆さまのお役にたてそうな情報に関してはアップデートをして少しずつまた記事を増やしてまいります。

今後ともスペクトアンドプライヤーのブログをどうぞよろしくお願い致します。

SPECHT & PRYER Barristers / Solicitors
https://spechtandpryer.com/
Suite 1150 – 789 West Pender Street | Vancouver, BC V6C 1H2
Office:604.681.2500 | Fax: 604.736.0118

記事の内容は正確な情報を書くように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

事務所案内

月曜日~金曜日: 10:00 AM to 6:00 PM

住所: 780-789 ウェストペンダーストリート、バンクーバー、
ブリティッシュコロンビア州、カナダ V6C 1H2

Specht and Pryer WeChat QR code

WeChat

お問い合わせ